おでこが広い ハゲ

おでこが広い≠AGA

ボクはずっと前からおでこが広く、つらい思いをしてきました。

 

とは言っても、用心深くチェックした結果、生え際の境界線に変移は存在しないので、AGAになったわけじゃないのです。

 

・・・いいえ、ぶっちゃけて言えばAGAも勘ぐりました。
というのも元凶がAGAなケースはかえって正常になることもあり得るわけですから。
ただし、ハミルトンノーウッドスケールの仕組でAGAじゃありませんでした。

 

しかしながら・・・おでこが剥き出しになってしまったシーンの状態がAGAのハゲ頭と何かしら異なるのか?
と尋ねられれば、その程度はこれっぽっちも差異がないのではないでしょうか。

 

詰まるところ、周囲の人から言わせれば、やっぱりハゲ頭と見なされてチェックされる危険性があると考えているのです。

 

おでこが広いと前髪もセンターで割れやすいし、そよ風が吹いたタイミングや水にぬれればひたいが見られてしまうかもしれません。
風がなくも私が走ったり、自転車に乗ったりしたら一緒ですし。

 

運動競技もデートもまさにそれが不安があってしまい、十二分に堪能できません。
いかにヘアースタイルでカムフラージュしようと精を出しても、汗をかいたり風が吹いたのではアウトになると言わざるを得ません。

 

開き直るか、手を打つか

ともかく、開き直るか、一念発起して妥協せず手を打つか、1つに絞ることをオススメします。

 

「開き直る」という意味は、進展しない禿げと判断して許容する。
毛のないの人に似合うヘアスタイルを突き詰めるということを意味します。

 

テレビタレントでもハゲかけだけど、坊主や短いヘアスタイルにしてしっくりしない感じを取り除いている人がいます。
ですが、基本的に禿げの一種として甘んじて受け入れることが不可欠です。
私はまだ受け入れることが出来なかった。

 

改善案という意味は、単刀直入に言うと植毛です。
AGAではないから、おでこには髪の生え育つ毛根が存在しません。
薬や育毛剤では発毛しないので、植毛という手段だと認識してください。

 

植毛の思いがけない狙い

とすれば、植毛ってAGAの人が実践する手法と頭から決めてかかっていたフシがあったのですが、実のところ生え際の境界線を調えるレベルだけのことを達成するために使用している人もいるというのです。

 

アラ想定外でした。
AGA医療機関のウェブ上にも、中学生ごろから周囲におでこの広さをツッコまれてきた男の人が劣等感克服したケースが見受けられました。

 

こういったものを閲覧して、「ありゃ!AGAに限らず美容のひとつとして受け取れば構わないのか!」と展望が開けました。

 

とは言っても、始める前にカウンセリングはやって貰っていた方がいいと言って間違いないでしょう。

 

具体的な療法は思っている以上に金額のかかることなので、このポイントは細心の注意を払って見極めるべきかと。

 

おでこが広いとハゲてしまうと思いますか?

単刀直入に言うと、おでこが広いとこれから先毛がなくなる、というのは迷信です。

 

 

だとしても、おでこの広い人で比較的よく見受けられるのが、頭部の肌がパツンパツンに張っている状況です。
この現象は不本意ながら危険性大といわざるを得ません。

 

 

頭部の肌はおでこの所は張っていたとしても構いませんが、髪の毛が成長して欲しい所は柔軟性のある方がありがたいです。
頭蓋骨の育ちと合わせてパツンパツンに引き延ばしてくると、それ相応の改善策をやった方がいいです。
スカルプマッサージも一緒のアプローチです。

 

 

ただし、それ以上にヤバイのは、おでこの面積を眉毛からのところで測定して、禿げているとか、これからの人生薄毛になってしまうとか区分するしきたりが、思いの外当たりまえと見なされることですね。
リアルに「おでこが広い 薄毛になる」でGoogleサーチして上からウェブサイトに目を通して行けば、眉毛から何センチとは、指が何本入るとか、、
一連の基準点でハゲ見極め方を紹介しているようなウェブページだらけでした。。

 

 

眉毛からナンセンチという数字のチェックはナンセンス

眉毛と髪の生え際がナンセンチ遠くにあるかを定規で測定して
5㎝から6㎝位なら一定水準
7㎝を上まわると絶望的な
と結論付けるのは・・・・ナンセンスです。

 

 

何を隠そうAGAかそうでないのかの見極めを誤らないためには、こんなテキトーな見極め方では無くて、実効性のある見極め方があるんです。
その方法は、クリニックでやっているアプローチです。
クリニックではAGAかそうでないのか間違うことなくチェックして患者に案内することが求められるので、シビアーに割り出します。

 

 

そのやり方が、ハミルトン・ノーウッドメソッドです。
→参考:Wikipedia Hamilton?Norwood_scale

 

ハミルトン・ノーウッドメソッドでAGA見極める!

  1. つむじからおでこの境目に至るまでの中間点を起点と位置付けて、耳の上辺まで一本の線を引きます。
  2. その一本の線からM字の生え際に向けての距離をチェックします。
  3. ここの所が2cmより下に陥っていたらAGA確定です。

 

 

なんとなく極端ですが、こういった写真のようになってます。

 

 

なるほどこのやり方だったら、おでこのシルエットには左右されずに、禿げかかっているか否かを知ることが出来るので理にかなっていますね。

 

 

おでこが前に張り出していて、眉毛からの位置が現れているが、ハミルトン・ノーウッドメソッドで計測したらまるでセーフな人もいるでしょうし

 

 

おでこが後傾スタイルで、眉毛からの位置は無いけど、ハミルトン・ノーウッドメソッドで実測したらビックリするほどアウトな人もいることと思います。

 

 

それほどまでに、眉毛からの位置ってアテになりません。

 

 

ましてや、指がどれだけ入るか・・・などというような愚の骨頂に違いありませんね。。
指の太さまで結果を左右するのですから。

 

 

おでこのシルエットに応じて、眉毛からの位置はまるで開きが出てくるので、そのギャップをくみ取って確実に実測するために必要なやり方が、ハミルトン・ノーウッドメソッドです。

 

 

その反対に、眉毛から何センチであったとしても、この方式で計算してみて、2センチより下に陥ってしまったときはそれはそれはヤバイ状況な改善案を欠かすことができません。
危機的状況です。

 

 

そういった時に、あいにくですが育毛シャンプーだけではもう手遅れんですね。
育毛シャンプーは実際のところは予防時点ですることですから。

 

 

ハミルトン・ノーウッドメソッドでランク外だと、本当にAGAと判断して対策をスタートすることが不可欠です。

 

AGA改善案

AGAと結論付けられたら、のんびりと育毛剤や栄養機能食品などと考えている感じではありません。

 

医療機関で具体的に診察していただいて、ミノキシジルやフィナステリドを筆頭としたAGA治療に許認可された薬を調合してもらいもらいましょう。

 

このタイミングで意識しておきたいのは、ただ単にミノキシジルやフィナステリドを調合して貰いもらえば良いわけではない
ということを意味します。

 

個々人の事態にマッチした処方箋を確保していただかないと、かえって前髪が減少したり、副作用が現れたりすることもよくあります。

 

その際に手堅いのが、600タイプも処方箋を導入しているクリニックです。
これだけたくさん数のレシピがあるのであれば、一人一人に適合するものが無いという不安や心配はいりません。